« 年末の散財 | トップページ | テニス備忘録21 »

2月 12, 2011

デジタル化

2世代続いた東芝HDDレコーダーと決別してDIGAに移行してみました。
買ったのは、DMR-BWT2100(パナソニック株式会社)
です。
初DIGAですが、感想を。
1.アナログへぼ!
値デジに特化した結果、アナログのサポート状況は最低です。
満足に番組表も表示できない。特にiEPGが使えないのが痛い。
元々デジタル対応用に買ったのでいいですけどね。
2.軽い!!小さい!!!
RD-X6に比べて底面積で約半分、重さは半分以下。
とっても小さい感じです。
3.起動早い!!
東芝機の反応の悪さが確認できました。
4.DLNAがPCから使えない。。。
RDLNAで重宝していたのでちょっとがっかり。
5.画質綺麗
多分地デジをVRにしてるからだと思うけどLP画質でもかなりよさげです。

全般としては満足ですが、RDの編集機能がとっても良かったことも再確認できました。
東芝がもうちょっとブルーレイで頑張ってくれれば…

とりあえず、XS40をお払い箱にできそうな感じです。
現在録画済みの番組移行中ですが、DVD-RAM2倍速?なのでおよそ60GBぐらいだと思うのですが、
移行が全然できません。。。
パナは50GBのブルーレイでかけるので中身を吐き出すのが楽になりそうなのが助かります。
X6の予約もBWT2100に移行していくかな??

これで、テレビ本体を除いてデジタル化完了ですかね。

|

« 年末の散財 | トップページ | テニス備忘録21 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジタル化:

« 年末の散財 | トップページ | テニス備忘録21 »